まぼろしの時空

すみかおりmusica Diary♪ 音と心のスケッチ日誌です。

音楽療法☆ドラム体験

今日、活動先の福祉施設さんにジャズ・ドラマーの朝倉聖さんがお越しくださいました。朝倉さんはかつて大阪のジャズクラブ・ロイヤルホースでハウスバンドも務めておられたプロミュージシャン。ジャズの世界ではとても有名な師匠です。ミュージシャンでおられる一方、音楽療法活動を20年以上続けておられます。

新しい場所に行って新しい人と出逢う〜自ら出向くことがない障がいを持つメンバーさんたち。初対面の朝倉さん入館すると、メンバーさん全員とても興味津々!「こんにちは!」と言える方のほうが少ないけれど、恥ずかしそうに握手しに行ったり、声を発しない方も会釈して歓迎の気持ちを表していました。

そして・・・初めて見るドラムセット!
「テレビでしか見たことなかったよー」
「うわーっカッコイイ!!」
言葉にならなくても、あちこちから歓喜の声!みなさん、おそるおそる近づいてめずらしそうに見つめていました。

まずはいつも通りしっかり体操してから、さぁドラム体験♪

f:id:azusariver:20171011021303j:plain


朝倉さんがドラムを奏でる姿を見て、次々「わたしも」「ぼくも」と立候補。いまの練習曲「カントリーロード」「ひまわりの約束」に合わせて、交代でドラムを担当♪。日頃うまく話せない方々の心の声が「音」で響き渡る!優しい音だったり、強い音だったり、楽しそうに弾んでいたり〜心の奥底からたくさんの気持ちが溢れていました。

f:id:azusariver:20171011023611j:plain


「好きなようにさわっていいよ」朝倉さんはドラムを解放。朝倉さんはご自身ご愛用のドラム・スティックをメンバーさんに「どうぞ」と次々に手渡してくださっていました。日頃ライブでもお使いになられている宝のスティックを!
どんな叩き方であっても、その方が奏で発する「音」。響き渡っていた喜びの音も声も、朝倉さんの御心も最高のギフトでした♪

 

f:id:azusariver:20171011020545j:plain

 
・・・お知り合いが私の活動福祉施設に足を運んでくださると、心から感謝、心から感動します。私からあえてお願いすることはないけれど「行ってあげようか!」とのご好意は、厚かましいと思いながらもお言葉に甘えるようにしています〜(^^)♪。福祉施設に通う方々に「新しい体験」が増えることは、まだまだ何かの成長につながるかもしれない。私の大きな喜びです!

ドラム体験では、本当にたくさんの笑顔と活気が湧いていました。感謝いっぱいの気持ちでの帰り阪急電車〜なんだか嬉しくて涙(笑)。良い1日でした。

<追記>
朝倉聖さん主催の「チャリティージャズ・メッセ」。すばらしいジャズミュージシャン方々による福祉施設へのチャリティコンサートです。コンサートの収益金は福祉施設に寄贈されます。

●11月12日(日)午後3時〜
会場エル・シアター(天満橋、エル・おおさか内)

f:id:azusariver:20171011020558j:plain