まぼろしの時空

すみかおりmusica Diary♪ 音と心のスケッチ日誌です。

映画「パーソナルソング」

音楽療法ドキュメンタリー映画:「パーソナルソング」。

すっかりふさぎ込んでしまったご高齢者さまに好きな音楽を聴いていただくと…その人らしさが蘇る!
日々、関わる方々のお顔を思い浮かべながら観ました。表情の変化、突然語り出す場面などは、私がいつも見ている光景とほぼ同じでした。映画ほどオーバーアクションではない・・・けれど(^^;。

映画の中はiPod+ヘッドフォンでの音楽鑑賞。生演奏で行っている私の手法とは異なるけれど、音楽が良い思い出を呼び起こし、脳に再現された時の喜びは万人共通、どこの国も同じだなと感じました。

今日はちょうど高齢者様ホームの日。映画を見た数日後なので、若干映画のシーンと重なりつつ活動していました。
さっきまで怒っていた方が歌っている、ずっと俯いてしんどそうだった方が口ずさんでいる、そして介護スタッフ様が私に手を振ってガッツポーズ!〜あぁよかったとひと安心の瞬間。現実が映画と同じでよかったと、あらためて再認識しました(汗)。

この映画は音楽が単に脳に良い〜ということだけでなく、敬うべきご高齢者様が
何故、社会から排除された気持ちになってしまうのか…、そして心を豊かにする(であろう)文化的な楽しみが何故どんどん削減されていくのか・・・時代の移り変わりや現代の価値観も描かれていました。
音楽療法にご興味がなくても、ご高齢者様の気持ちを知る良い映画でした。

現在、大阪で上映中です!