まぼろしの時空

すみかおりmusica Diary♪ 音と心のスケッチ日誌です。

言語障がい☆音でコミュニケーション♪

今月のうれしかったこと☆
発作つづきで入院していた患者さんが一時退院してデイサービスに復活しました。
主治医さんからは絶対自宅で安静!デイサービスの利用なんて絶対無理!まして音楽活動するなんて危険!安全第一。そっと見守るように〜との指示だったのです。

でもこの患者さんは大の音楽好き♪ 施設職員さんはせっかく一時退院できたんだからチョットくらい気晴らしに♪と、私に10分間だけの活動を頼んでこられました。
私が1回ポンっと鳴らすと、患者さんも1回ポン。2回…3回…と繰り返すうちに、ポンっポポーン!などいろんなリズムが出てきて、患者さんの腕がどんどん弾む、弾む♪。そうこうしているうちに30分間経過。気がつくと約10分間隔で起こっていた発作がタイコをしている30分間はずっと止まっていたのです。

入院生活でひとりぼっちだったこともあって本当に気晴らしになったのかも?!言葉はなくても、どんな方法でも気持ちが通い合うコミュニケーションは必要なんだなっとあらためて感じました。患者さんのタイコの響きは楽しい強さだったり、ちょっと辛かった気持ちの発散でもありました。

じつは内心、活動後にぐったり倒れられたらどうしようかと焦ったけど、特に問題なくホッ☆また来月もこの方に会えますように。
1265931_607840482600442_57326059_o.jpg