まぼろしの時空

すみかおりmusica Diary♪ 音と心のスケッチ日誌です。

レーシック☆手術について

レーシック手術から約一ヶ月。虹2.JPG
経過良好、快適な毎日を送っています♪ うっすら虹(中央)も見えました。

コンタクトレンズやメガネ生活と比べて便利になった点は

―朝起きてすぐ見える
―レンズのつけ外しの手間が省けた。
―レンズやめがねを気にせずいつでも寝れる
―車の運転、PC操作が疲れにくい
―強風でもレンズがずれる心配がない。
―体重計にのって見下ろしても数値がくっきりわかる
  
などなど、たくさんあります。

デメリット・・・までいきませんが、
術後ひと月は近距離の視力が不安定なので、
携帯メールや小さい字が少し見えにくい~くらい。
よく心配される老眼の進行・・・これは
レーシックしても、しなくても、変わらないそうです。

レーシックしてからこのひと月、ご興味ある方々から多数の
ご質問をいただきました。
これまでの記事の中でいちばんアクセス数が多くてビックリ!
お待たせしました。手術の体験談です。

【レーシックにご興味ある方へ】 *長いです。

◆手術は痛い?!
点眼麻酔があるので、突き刺さるような痛みはありません。
ハードコンタクトレンズがずれた時のあの痛烈な痛み!を経験されている方は
おそらく、全然へっちゃら!です。
でも、顔が固定された状態で、目の前に器械がずんずん迫ってくるので、
その器械が顔(眼の付近)に置かれた時の圧迫感で多少の痛みはあります。

手術中は一点をじーっと見続けるので、それに集中するのが、がんばりどころ!
私がじーっと見続けた風景は・・・
なんと、プラネタリウムを見ているようでとっても美しかったのです。
オレンジ色の太陽が何秒か経つうちに ぼわ~っと星空に変わります。
まるで宇宙飛行してるような~わくわくした映像でした。

◆手術の時間: 約20分ほど。まず右眼→そして左眼です。
①消毒や麻酔の点眼
②手術台に乗り、顔や視線など位置を整える
③フラップ(レーザー後のふた)を作る→器械が乗る。圧迫感アリ。約25秒
④レーザー照射。数十秒。個人差あり。圧迫感ナシ。
⑤フラップをのせて吸収するまで数分待つ。

④のレーザー照射時間は もとの裸眼視力によって、個人差があります。
私の場合は右眼約20秒。左眼は35秒(左の方が悪いです)。

手術前にレーザーが何秒か教えてくれるので、手術中は「○秒経過!」や
終了間近になると 「あと○秒!」とカウントダウンがあったので、
とっても安心でした。

◆気になるお値段
クリニックによっていろいろですが、どこも健康保険は使えず、自費治療です。
安いところが悪くて、高いクリニックが良い・・・というわけでもなさそうです。
でも、疾患がある方や日常の投薬がある方は、個人的には総合眼科で
血液検査も診てくれるクリニックが良いのでは~と感じます。
わたしは元々アトピーで、目薬ひとつでもかゆみが出たり結構ややこしいので、
血液検査は安心でした。

◆支払い後のキャッシュバック
①生命保険
加入している生命保険(手術入院1日○○○○円)が
レーシックも対象になっていることがあるので、確認要!です。
私の場合は、加入の生命保険会社がレーシックが適用だったので
術後、即申請。1日入院費用X10倍、戻ってきました!

それと、
②医療費控除。
・眼科医に支払う治療費等

・医療費控除の対象となる金額

※自費治療なので健康保険組合国保の「高額医療費」は対象外です。

最後に
◆手術してみようかなぁっと前向きになったら
コンタクトレンズの方は、メガネ生活に切り替え要です。
ハードレンズは3週間以上中止。ソフトレンズは2週間以上中止。
どこのクリニックでも裸眼の角膜の状態を診る検査があるので、
途中で1日だけ、数時間だけ着用もNGです。

ご参考までにわたしのクリニックです。
◆レイ眼科クリニック