まぼろしの時空

すみかおりmusica Diary♪ 音と心のスケッチ日誌です。

レーシック☆成功しました♪


3日前にレーシックの手術をして、裸眼視力1.5になりました☆
裸眼でよく見えるのは小学生低学年以来。
ウワサに聞いていた通り、やっぱり裸眼でよく見えると嬉しいものですね。

レーシックを考えはじめて、まずはクリニック選び。
弟が最近成功して経過も順調なので、よくある紹介制度のキャッシュバックもあるし
同じクリニックにするつもりでした。

けどやっぱり手術はこわい~。
始めは手術しなくても視力矯正できるオルソケラトロジー(レンズはめて寝て矯正)
にしようかと専門の眼科へ。
けど、そこで小さい白内障が見つかってコンタクトレンズは当面使用禁止に(泣)。
その眼科さんがレーシックは可能だし、手術してしまった方が良いと、
お知り合いのDr.を紹介してくださったのです。

そして紹介のクリニックで初回検診3時間半。
レントゲンで見るとやっぱり白い斑点がポツポツ・・・。
「白髪みたいなものですよ!」 っと説明されたけど、ちょっとショック。
目が悪くなってる~というよりも、見えないところで老化が進行していたことにショック、、

それから、初回検診とは別の日に2回精密検査(各3時間半)を受診。
レーシック自体の検査はクリア。血液検査もありました。
素人にはわかりにくいであろう、目のしくみや、なぜクリアなのかという理由や
各検査項目の数値まで丁寧に説明してくださるDr.。 とっても安心でした。

Dr.だけでなく、この眼科さんの視能訓練士さんの質が高い!
視能訓練士さん約10名ほど。どの方も福祉サービス業なみの応対ぶり。
ヘルパー2級の実習に行ったら徹底して扱かれる「声かけ」が徹底していました。
福祉現場で徹底されていても、医療現場ではめずらしい。
院内は広いけれど、車いすの人が通れるくらいのスペースをとってあるし◎
高齢者の患者さんや弱視の子供さんもたくさん来ていました。

こちらで手術を受けようと99%決心していたけれど、いちおう弟のレーシックした
クリニックでもセカンドオピニオンを求めに検査へ行きました(無料だし)。
でも、検査の量と質が前者が100としたら、弟のところは20・・・。
また 「レーシック専門」なので、白内障はもちろんその他の眼科検査は一切やってない。
やっと気づいたけれど、総合眼科でレーシックをしているところは少ないんですね。

で、気になるレーシック手術はどんなんだったかというと・・・
また近日中にアップしようと思います。

手術後、翌朝の朝日。裸眼で見えた。おぉー!
レーシックあさひ1.JPG

空の上のほうの白い点は月。(ホコリではありません)
レーシックあさひ3.JPG

拡大。奈良の生駒山のカタチが見えた!
東大阪市のみなさん、おはようございます。
レーシックあさひ2.JPG