まぼろしの時空

すみかおりmusica Diary♪ 音と心のスケッチ日誌です。

おんがく隊の発表会♪

                                                                    April 30, 2011

先週の土曜日、1年間 講師をさせてもらった
身体障がい者さんの施設での音楽隊の発表会がありました。

ここは主に重度の身体障がい者さんが通うデイサービス。
利用者さんは歩ける人はほとんどおらず、みんな車いす、もしくはストレッチャー。
思いを言葉で伝えられる人は1割程度。言葉でなく声を出す人も数少ない。
またむかしは言葉を話していたけれど、人生の途中で言葉が出なくなった方は
文字盤を使って意思を伝える人もいます。

言葉が出ない分、表情豊かな人が多く、
    楽しいことは楽しい!
    やりたいことはやりたい!
    イヤなことは絶対イヤ!などなど~

からだが動く範囲で表情豊かに気持ちを表してくれます。
利用者さんの表情の豊かさに比例して、この施設はいつもとびきり明るい雰囲気!
スタッフさんは利用者さんに明るく優しく話しかけたり、
笑いが出るような演技をしたり、時には歌いかけながらお世話していたり~
たっぷり愛情をかけて利用者さんをケアしておられる姿があります。

この日の発表会は大雨というのに、中は熱く活気にあふれ利用者さんは元気いっぱい。
同行のバンドのメンバーと余興で4曲ほど演奏していると
サックス、トランペット、ギター、ベースなど、楽器を近くで見たことがないのか
一生懸命のぞきこんでめずらしそうに見る視線がたくさんありました。

そしていよいよ、本番の音楽隊の演奏♪
指一本でメロディを弾く利用者さんのイントロからスタート。
マラカスや鈴などの小さい打楽器担当の利用者さんはスタッフさんと共に
「1とぉ 2とぉ」と掛け声をかけながらリズムを刻む。

始めは少し緊張している人もいたけれど、少しずつほぐれ、
1年間練習してきた2曲を演奏した後は、利用者さん全員のステキな笑顔と
達成感があふれ、部屋中紙ふぶきが舞っているような~~
そんな華やかな空気が漂いました。

お一人お一人の利用者さんの思いを大切に日々介助しているスタッフさんに
助けてもらいながら、達成できた1年越しの発表会♪

そして「みんなで演奏するのって、なんかいい!みんなで一緒なのが嬉しいな☆」
練習中の利用者さんの言葉も励みになりました。

御礼のお花をもらったときは感無量~。。。久しぶりのうれし涙。
RIN花.jpg

この音楽隊を始めた故・Itoさんはさぞかし一緒に演奏したかったことでしょう。。
この日のジャジャ降りの大雨はItoさんの悔し涙だったのかな・・・

ひと区切りつきましたが、音楽隊はまだまだ継続。
また次回の発表に向けて5月から新曲にチャレンジです!

p.s.Mercy Orgamonバンドの皆さん、ご協力どうもありがとうございました!